脱転落人生を心に決めて

社会人になって身を正すべきだったのに・・
借金で首が回らないって言葉がありますけど、そんなこともあったというか、ものすごい借金地獄になったんです。
元々、お金にルーズでした。
それでも、最初の頃は持ち金だけでなんとかやってたんですよ。
というかこれが普通だと思うんですけど、学生時代から人から金を借りては返さなかったり、それが原因で友達を無くしたりしてました。
借りて返さなかったらそりゃ友達もなくしますよ。
学生のときですから、借りた千円とか2千円とかでした。
それでも、そんなお金ですら借りなくちゃいけないくらいですから、貧乏だったんですよ。
それに、息をするような感じで人から気軽にお金を借りてましたからね。
そんなのが積もり積もって学生のときに借りたお金の総額は百万円に近いくらいじゃないですかね。
千円のお金を借りるくらい生活に窮乏してたくらいですから、そんな百万円も払う甲斐性もないですよ。
ということで踏み倒した代わりに友達なくした学生時代でしたね。
我ながら、いかんなあと思っていたのですけど、本当に息をするくらいに感覚でお金を借りてましたからね。
もちろん返したこともあるんですけど、それ以上に借りていたのですからそこがダメですよね。
それで、立ち直る機会が就職だったんです。
仕事をしたら給料もあるので、さすがにお金を借りることはないと思っていたんですよ。
それでも、最初の給料をもらうまでは、お金がないですからね。
そういうときって、普通の社会人は家からの仕送りなんかで過ごすのでしょうけど、私の場合はそんな仕送りも使い果たしてしまうタイプですから、親も金を送ってくれませんよ。
ということで、学生時代と違って知り合いもいないし、かといって就職したての社会人一年生ではクレジットカードも作れませんでしたからね。
仕方ないので、会社の経理からお金の前借りをしました。
そういう制度があったんですよね。まあ社会人一年生の特権ということでしょうか。
それでも、前借りですから、初任給から出さなくてはいけなくて、本当に社会人の最初からつまづいてしまいましたよ。
それでも、社会人の1年生ではなんとかやってましたね。
だから、お金がなかったら、そして貸してくれるところがなければなんとかできる子だったんです。
それが、社会人2年目になると、クレジットカードが作れるってことで、立て続けに5枚くらい作ったのかな・・。
それが転落人生の始まりだったんですよ。
社会人一年生では、お金が無いなりになんとかやってたんですから、その延長線上でがんばればいいのに、2年目になるとカードが作れるってことで、速攻で作りましたからね。
で、カードを作ったら案の定、キャッシングの嵐ですぐに限度額一杯になって、1枚目から2枚目のカードで借りて、それが一杯になったら、さらに次のカードでってことになったんです。
学生の時と違って踏み倒しはできませんからね。それで支払いはリボ払いにしてしまったら、借りてる感覚が麻痺しちゃって、常に月々お金を返して・・なんてことで、雪だるま式に借金が増えていったんです。
まあ、転落人生ですから、このくらいが普通なんですよね。